SaaS型ECサイトのデメリット

SaaS型ECサイトはメリットが非常に多いですが、逆にデメリットを考えたときにどのようなデメリットがあるのかを考えておく必要があります。SaaS型ECサイトのメリットはコスト面やクラウド型サービスを社外のソフトウェアで補うことができますので、システム構築までにほとんど時間がかからないということがメリットとして挙げられますが、一つデメリットを挙げるとすれば、社内で自由にシステムをカスタマイズできないという部分が挙げられます。従来のインハウス型のシステムであればSaaS型ECサイトよりもシステム構築までに非常に多くの時間を費やさなければいけませんが、その分時間とコストをかけることさえできれば、自社で考えているシステムを構築できるのです。

また、インハウス型であれば別で使用している社内の他のサービスとの連携も可能になってくることでしょう。従って、独自のシステムを構築する必要があるのであれば、SaaS型ECサイトはあまり向いていないと言えます。とは言え、SaaS型ECサイトがある今、他社との差別化を図って、莫大なコストと時間をかけて独自のシステムを構築するよりもSaaS型ECサイトで低価格そしてスピーディーなシステム構築をした方が会社としてのメリットが多くあることに違いはないと言えますので、従来インハウス型のシステム構築の方が良いということは滅多に言えないでしょう。