SaaS型ECサイトについて

コンピューターに詳しい方であればご存知でしょうが、コンピューターに詳しくない方はまずクラウド型システムである、SaaS型ECサイトという仕組みを知っておりますでしょうか?このSaaSとは略称で、正しくはSoftware as a Serviceと呼ばれています。このSaaS型ECサイトとは、簡単に言えばみなさんが普段から使用しているインターネットを通じて遠隔地のサーバーにアクセスし、そこでインストールされたアプリケーションを利用することができるクラウド型サービスの一つの方法です。更に簡単に言うならば、ネットワーク経由でソフトウェアの機能を利用できるという方法です。

このクラウド型サービスを使用する企業を例にして考えると、今までは全てのIT機能を社内で完結するインハウス型が一般的でしたが、このSaaS型ECサイトでは、IT機能のほとんどを社外の専門家に任せる形をとることができるので、サーバーを持つ必要がなくなりそういったコスト面で大幅にコストカットが可能となったのです。

そのコストカットの方法はユーティリティ型料金と呼ばれていて、電気料金などと同様に使用した分だけを支払う課金型の運用方法です。

そして、一つ注意したいのがこのSaaS型ECサイトのサービスとは、ソフトウェアの機能という意味のサービスであることから、ソフトウェアそのものを指しているのではなく、インターネット上でソフトウェアの機能を提供するという意味になりますので、少し分かりづらくなってしまいますが、その点は注意していただきたいです。