SaaS型ECサイトはなぜ安いのか?

SaaS型ECサイトとはインターネットを通して、外部ソフトウェアのアプリケーションを利用したクラウド型サービスですが、このSaaS型ECサイトのメリットとして挙げられるのがその安さであると言えるでしょう。

外部ソフトウェアを利用することで、社内で莫大な費用がかかるソフトウェアを購入しなくてもいいですし、そのソフトウェアのライセンス料メンテナンス費用アップグレードなどにかかる費用などがかからないのです。これだけでもSaaS型ECサイトを利用する価値は十分すぎるほどあります。

また、初期費用としてソフトウェアの導入費用という大きな費用が抑えられますので、その費用を別の部分に充当できます。

安さ以外の面でもSaaS型ECサイトを利用することで万が一、災害などの被害から身を守ることができるという点も魅力的です。中小企業であれば、自社のデータなどが専門のシステム担当者のもとで管理されているという点は非常に安心する点ではないでしょうか。

このようにSaaS型ECサイトにシステムを移行することで、従来のクラウド型サービスよりも費用を格段に抑えることはもちろん、セキュリティ面でもSaaS型ECサイトは非常に安心できる新しいクラウド型サービスと言えますので、自社のシステムで満足していない方はぜひこのSaaS型ECサイトという新クラウド型サービスを利用することをおすすめします。

SaaS型ECサイトのデメリット

SaaS型ECサイトはメリットが非常に多いですが、逆にデメリットを考えたときにどのようなデメリットがあるのかを考えておく必要があります。SaaS型ECサイトのメリットはコスト面やクラウド型サービスを社外のソフトウェアで補うことができますので、システム構築までにほとんど時間がかからないということがメリットとして挙げられますが、一つデメリットを挙げるとすれば、社内で自由にシステムをカスタマイズできないという部分が挙げられます。従来のインハウス型のシステムであればSaaS型ECサイトよりもシステム構築までに非常に多くの時間を費やさなければいけませんが、その分時間とコストをかけることさえできれば、自社で考えているシステムを構築できるのです。

また、インハウス型であれば別で使用している社内の他のサービスとの連携も可能になってくることでしょう。従って、独自のシステムを構築する必要があるのであれば、SaaS型ECサイトはあまり向いていないと言えます。とは言え、SaaS型ECサイトがある今、他社との差別化を図って、莫大なコストと時間をかけて独自のシステムを構築するよりもSaaS型ECサイトで低価格そしてスピーディーなシステム構築をした方が会社としてのメリットが多くあることに違いはないと言えますので、従来インハウス型のシステム構築の方が良いということは滅多に言えないでしょう。

SaaS型ECサイトのメリット

SaaS型ECサイトの最大のメリットは一体どの点にあるのでしょうか?従来の社内で全てのIT機能を管理するというインハウス型のクラウドサービスではなく、インターネットを通じてIT機能を外部のソフトウェアで管理できるクラウドサービスになったということは、革新的ですが、一番のメリットは俊敏性があり、そしてスピード感が従来のサービスとは違うといった点にあるでしょう。

ではこのスピードですが、一体どの部分のことを言っているのでしょうか?このSaaS型ECサイトでいうスピードとは、このサービスを申し込んだその日からSaaS型ECサイトのサービスを利用することができるという点です。従来のインハウス型のサービスである場合、そのサービスを利用するまでにシステム構築を含め数か月はかかってしまいますので、その点を考えるとSaaS型はいかにスピードが速いかは言うまでもありません。

また、SaaS型ECサイトではシステムが稼働したあとの環境の変化にもすぐに対応することができるのです。社内の業務拡大などによりそのサービスを使用する人が増えた場合や逆に使用する人が大幅に減った場合など、SaaS型ECサイトは課金型の運用方法なのでコスト面でも損することなく運用できますので、サービスを利用する側としては、非常にメリットが大きいサービスと言えるのです。

SaaS型ECサイトについて

コンピューターに詳しい方であればご存知でしょうが、コンピューターに詳しくない方はまずクラウド型システムである、SaaS型ECサイトという仕組みを知っておりますでしょうか?このSaaSとは略称で、正しくはSoftware as a Serviceと呼ばれています。このSaaS型ECサイトとは、簡単に言えばみなさんが普段から使用しているインターネットを通じて遠隔地のサーバーにアクセスし、そこでインストールされたアプリケーションを利用することができるクラウド型サービスの一つの方法です。更に簡単に言うならば、ネットワーク経由でソフトウェアの機能を利用できるという方法です。

このクラウド型サービスを使用する企業を例にして考えると、今までは全てのIT機能を社内で完結するインハウス型が一般的でしたが、このSaaS型ECサイトでは、IT機能のほとんどを社外の専門家に任せる形をとることができるので、サーバーを持つ必要がなくなりそういったコスト面で大幅にコストカットが可能となったのです。

そのコストカットの方法はユーティリティ型料金と呼ばれていて、電気料金などと同様に使用した分だけを支払う課金型の運用方法です。

そして、一つ注意したいのがこのSaaS型ECサイトのサービスとは、ソフトウェアの機能という意味のサービスであることから、ソフトウェアそのものを指しているのではなく、インターネット上でソフトウェアの機能を提供するという意味になりますので、少し分かりづらくなってしまいますが、その点は注意していただきたいです。